"huntorama 2" Robert Platt

Robert Platt "huntorama 2"

2009年4月25日(土)– 5月31日(日)12:00 – 20:00

*土・日・祝日のみ開廊
オープニングレセプション 4月25日(土)18:00 - 20:00

マズプログラムスペースでは2009年4月25日(土)から5月31日(日)まで、ロバート・プラットによる個展を開催いたします。

展覧会タイトルの"huntorama"は英語とギリシャ語の二つの言葉から成り、Hunt=狩猟、Orama=展示、ショー、眺め(※ジオラマやパノラマ)を繋げた造語です。ロバート・プラットは、絵画という媒体を用いてNature(自然)とArtifice(人工的なもの)との境界線を移行させることを模索してきました。 “huntorama 2”では、現代の視点からのロマン主義を探求しながら、その憧憬をランドスケープとして描き出します。 ジオラマや山水画、動物がデザインされたビアカップなど、自然と人工物との境界を曖昧にするモチーフとあわせて、文明社会と自然の 荒野とを行き来する中間的な存在である狩人が登場します。「自然に対する支配とメディア化が進んだ今日、人は失われた楽園として の自然へ憧れ、無意識的に神秘的な世界や冒険に惹きつけられるようになった」とロバート・プラットは考えています。狩人はその流動 的なシンボルとして描かれます。それらのモチーフが境界を失って溶け出しそうなイメージ、さらに、リフレクションやドットなどのデジタル加工を想起させるエフェクトがかけられたような色鮮やかな風景が広がります。混沌としながらも均一化された画面は、現代に現れ た新しい森=インターネットのように薄くどこまでも続く世界を彷彿とさせます。狩人はその美しい森へと私たちを誘います。 心地よい緊張感とともに。

会期中、2階の展示スペースにて23名のアーティストによる"feat.huntorama salon show"も同時開催いたします。ご多忙中とは存じますが、是非ご高覧ください。

feat.huntorama salon show

明石 依子
Andrew Ekins
Cliff Platt
苅谷 昌江
河崎 まゆ子
政田 武史
増田 佳江
Michael Whittle
中山 恵美
名和 晃平
西村 佳子
野原 健司
大竹 竜太
Robert Platt
馬場 晋作
高橋 耕平
高島 輝実
徳重 道朗
渡辺 豪
矢部 奈桜子
山口 智子
吉田 龍一
吉岡 千尋