徳重道朗 "Is dance sunda zans?" 2011年7月23日(土)〜9月11日(日)13:00-20:00

徳重道朗 "Is dance sunda zans?"

2011年7月23日(土)– 9月11日(日)13:00 – 20:00

*会期中の土・日曜日のみオープン。8月13・14日は休み。
オープニングレセプション:7月23日(土)18:00

ステートメント

その1。 ダンスと言えば体を揺すったり回ったりしながら時間を過ごすということでしょうが、もしもそのために体を鍛えるならば全く危ういバランスを保ちながらも身体の機能を拡張し、そしてまた時間と空間を支配するものとなり世界をも揺らし回すこととなるだろう。

その2。 しかし世界が揺れているように見えるのは昨日飲み過ぎたせいかと、二日酔いを醒ますためにさっきから迎え酒を飲んでいるというのに一向に揺れは止まらないどころか回ろうともし始めてるのでやはり酒のせいでないらしい。だって飲んでも飲まれるなって言うじゃない?だって飲んだらのるなって言うじゃない?だからつまり世界は踊っているということね、との確信に至る。

その3。 「この6畳一間のぼろアパートで今日も一日何とか無事に酒瓶とごろごろしながら時間を過ごせたと喜びながらさっき寝る頃には窓の外で陽炎に揺れてた鬱陶しいほど背の高い雑草がさっき起きたらたぶん大家に刈りすてられてたのを思い出し、ごろごろしながら何とか拾いだしごろごろと空の一升瓶にさしてみたらまるでありがとうと頭を揺らしたので鬱陶しいほど背の高いくせにけなげなところもあるじゃないとすっかりご機嫌で今夜は大盤ふるっちゃうよと水の変わりに酒を注いであげてみたら鬱陶しいほど背の高いくせにますます平身低頭でけなげなところもあるじゃないとむしろこっちが恐縮で今日もいい行いをいたしましたとすっかりご機嫌ながらも朝が来て丁度ごきげんようもおわったのでそろそろ寝ますが今日も時間を過ごすのにごろごろと上手く踊れたとすっかりご機嫌でごきげんようも終わったのでそろそろ寝ますがこのまま止まるつもりのわけではなく」

その4。 ところでダンスと言えば自分は止まっているとき世界が揺れているとしたらむしろ自分の方が揺れているように感じるし、知らず知らずに自分が踊っているとき世界は止まっていたとしても世界の方が踊っているように感じるだろう。つまりどちらも揺れているにもかかわらず互いに止まっていると錯覚しているに違いない。つまりどちらが踊っているかどちらが見ているかなんて考えないでおこう。

その5。 なぜならたとえ酒を飲むのをやめたとしても知らず知らずに私の手はぶるぶると揺れだし、つまりこれがそのダンスだね、との確信に至る。

その6。 踊るか見るかで阿呆さ加減を競い合ったこともありましたがやがて踊りながら見る方法を身につけていつのまにか踊らされながら見させられているというの?もはや止まることは許されないと知っているので私は決して止まらずに。

その7。 つまりダンスと言えば体を揺すったり回ったりしながら時間を支配し世界を揺すったりまわしたりするものですが、つまりそれは千鳥足のおじさんにも言える。せめて電車がくるまではそのおじさんから目を離せないので結局その場の時間と空間を支配することになる。危ういバランスを保ちながらもまるで踊るように漂いながらも決して止まることのないおじさんはしかしみずからおどることをのぞんでいるわけではないのでそんなダンスを身につけるために体を鍛えずにすんだ。またおじさんは酔拳を身につけようとも思わなかったので体を鍛えずにすんだ。

関連企画

「ask the wine」
6人のアーティストの作品と徳重道朗のインスタレーションによる展覧会「ask the wine」を開催します。
参加作家:青山 悟、秋吉風人、飯沼英樹、榎本耕一、小柳 裕、渡辺 豪
会場:ハイネストビル2F展示室

「おじさんのしつけかた」(仮)
徳重道朗と「ask the wine」参加作家を交えてのトークショー。
7月23日〔土〕18:30〜19:30

会場

ハイネストビル
606-8412 京都市左京区浄土寺馬場町71 ハイネストビル1F
1F,HI-NEST BLDG. 71 Banba-cho Jyodoji Sakyo-ku Kyoto 606-8412 Japan

展覧会に関するお問い合わせ先

MUZZ マズ

090-8213-5265(池田)、090-3710-5911(出口)
info@muzz.tv
twitter @muzz_tv